にしで設計工務
本文へジャンプ

 今回の熊本地震で被災された皆様方には、心よりお見舞い申し上げます

 建築に携わる私どもとしましては、改めて、住まいの安全・安心に尽力するという気持ちを強く抱いた次第です。
 日本列島が地震の活動期である今、私たちの北河内地区では、今後、南海地震や、上町断層、生駒断層による地震の被害が懸念されています。

 木造住宅にお住まいの一般の方向けに、国交省監修によって作製された簡易診断がございます。
 この「誰でもできるわが家の耐震診断」では簡易耐震診断として、以下の「10のポイント」を挙げています。この項目に、”当てはまらない”ほど、建物が地震に”弱い”といえます。

@新築は1981年以降である。
A今まで大きな災害に見舞われたことはない
B増築していない。または増築の際に建築確認している
C傷んだ箇所はない。または痛んだところはその都度補修している
D建物の形はほぼ四角形で、複雑な形ではない
E一辺が4m以上の大きな吹抜けはない
F2階外壁の直下に1階の内壁または外壁がある。
または平屋建てである
G1階外壁の東西南北どの面にもバランスよく壁がある
H屋根材は軽いものである。
I鉄筋コンクリートの布基礎・ベタ基礎・杭基礎である

イメージ

御見積無料、納得プライス、アフターサービス、スピード対応

住宅、設計施工、リフォーム、耐震診断

交野市・枚方市近郊

TEL 072−892−5655

おかげさまで創業38年!
http://www.city.katano.osaka.jp/docs/2015032000018

交野市や、他ほとんどの自治体では、耐震診断費用の9割を助成しています。※S56以前建築の木造住宅に限る

 
■ 耳寄り情報
■ リフォームメニュー
      
※建築防災協会より要約抜粋
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/files/2013/11/wagayare.pdf